トップ   |   活動内容   |   演奏会・イベント   |   指導者紹介   |   団員募集   |   よくあるご質問   |   後援会

指揮者紹介

指揮者:大浦智弘(おおうら ともひろ)


宮城県塩竈市出身。東京学芸大学教育学部を卒業後、同大学大学院を修了。ピアノを斎藤信子、須田昌宏、作曲を小林康浩、吉崎清富、指揮を松岡 究、山本訓久、小林研一郎、スコア・リーディングとオペラ・コーチングを田島亘祥の各氏に師事。イタリア・カターニアにてベッリーニ歌劇場副音楽監督のレオナルド・カタラノット氏に師事、氏よりディプロマを授与される。新国立劇場、びわ湖ホールをはじめ各地のオペラ団体や管弦楽団、合唱団等において副指揮者や合唱指揮者を務め、研鑽を積んだ後、数々のオペラ公演やコンサートを指揮している。2015年には日立シビックセンター開館25周年記念事業ひたち野外オペラ≪マクベス≫を指揮し、約1万人もの観客のもと公演を成功に導いた。近年はマニャール/交響曲第4番、ステーンハンマル/交響曲第1番、カルウォヴィチ/交響曲≪復活≫、ドヴァリョーナス/ヴァイオリン協奏曲等の日本初演を手掛けるなど、知られざる作品の演奏にも意欲的に取り組んでいる。現在、日立シビックセンター音楽ホールNYOC音楽監督、オーケストラ≪エクセルシス≫正指揮者。栃木フィルハーモニー交響楽団常任指揮者。オーケストラ・ドゥ・センダイ指揮者。埼玉フィルハーモニー管弦楽団、麻生フィルハーモニー管弦楽団、愛媛交響楽団客演指揮者、国立音楽大学オペラ研究会指揮者。東洋大学混声合唱団指揮者。東京二期会オペラ研修所講師。